にきび改善,生活習慣

ニキビを出来にくくする食べ物とライフスタイル

 

ニキビが出来てしまった時、塗り薬や化粧品に頼る人が多いと思います。
勿論、それで改善できるのですが、何度も繰り返してしまうニキビを出来ない様にするには、
日常生活で見直すポイントを探した方が得策です。

 

その理由と簡単にできる解決策を提案します。
ニキビの原因は余分な皮脂とアクネ菌です。そのどちらかがないと繁殖できません。

 

アクネ菌は芯となり、治った後も同じ場所に残り、次の余分な皮脂が溜まった時にニキビとして復活します。同じ場所にニキビができるのはその為なのです。

 

余分な皮脂を溜め込まない体質作りをすればニキビは出来なくなるので、次のニキビが出来る前に対策を練りましょう。

 

まず、食事です。
ニキビに効果的な栄養素はビタミンB2、B6、ニキビ跡に効果的な物はビタミンCです。
ビタミンB2、B6の多く含まれる食材にはレバー、納豆、うなぎ、ニンニク、ナッツ類に多く含まれます。

 

また、ビタミンCは果物や豚肉、キャベツ、パプリカ等です。
ニキビの為に毎日摂取するのは難しいと思うので、外食が多い人はこれらの食品が入った物を選ぶとかいつもの食事を作る時に少し意識して物を選んだりする程度で構いません。長く継続して補給する事が大切です。

 

それから髪が顔にかかる人は、そこから雑菌が繁殖しやすいので、家にいる時には髪を括って当たらない様にしましょう。
そして、枕カバーも頭皮の皮脂や顔の皮脂が多く付着している物なので毎日洗ったりタオルを敷いて替えたりして清潔な状態を維持ましょう。

 

更に、顔を洗う際は必ず手を洗ってからにしましょう。汚れた手で洗顔を付けても手の汚れが取れるだけで、顔の汚れが落ちません。
この様に少し生活を工夫するだけで改善できるニキビがあります。化粧品や薬剤に頼ってもニキビを繰り替えしてしまう人は試して見て下さい。